肩のこりの原因

2017/11/07
ロゴ

 肩のこりには色々な原因があります。

単純なマッサージは肩がこつたと聞けば、肩の筋肉をマッサージします。

所がオステオパシーでは、肩こりの原因を探し、オステオパシー問診法とオステオパシー触診法のオステオパシー診断法から、症状の原因の最も可能性の高いポイントを仮定し、そこを施術します。

 

例えば肩のこりは、頸椎の問題でも胸椎の歪みでも起こります。

肋骨の問題でも起こしますし、肝臓や胃の問題でも起こします、頭蓋骨の歪みでも起こしますし、肩や首から離れた、歪みの補正作用から筋肉が凝る事もあれば、眼精疲労から肩こりに成る場合もあります、顎関節問題からも間接的に起こりえます。

肩じたいの筋肉で問題を起こす事もあります、例えば僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋・脊柱起立筋浅層・棘横間筋・斜角筋・ローテ―カフの5種類の筋肉・・どの筋肉のトリガーポイントの機能障害でも、コリから乳酸が溜り肩こりを起こします。

また多くの肩こりはこれら様々な問題の幾つかの組み合わせで起こります。

オステオパシーは肩こりの原因をオーダーメイドに施術する事で、単純なマッサージより効果が高くなる可能性を持ちます。