肩こり腰痛の原因1

2017/11/22
ロゴ

巣鴨の居酒屋で、アイヌ研究家の方と飲んだ際に、肩こりや腰痛の話になり、症状と原因の話に成りました。

 大半のマッサージやリラクシゼーションなどは基本的に、相手の症状に沿ってそこを重点的に手で施術します、例えば大半のマッサージなら、肩こりや腰痛があるとそこの部位の筋肉に手技を施します。

 所が肩こりや腰痛はその自覚症状の部位に多くが原因がありません、肩こりや腰痛とはあくまでも自分の自覚症状で、その自覚症状がある所に必ずしも原因があるとは限りません。

 例えば肩こりの原因が腰にあったり、腰痛の原因が内臓にあったり、肩こりの原因が内臓にあったりする事があるのです。

 もちろん腰そのものの原因で腰痛を起こしたり、肩や首そのものが原因になり、肩こりを起こす事もありますが、全ての肩こりや腰痛の原因が症状を感じている局所に有る訳ではありません。

 例えば過去に交通事故を起こし、頭を打ちムチ打ちの経験をした方の肩こりと、胃炎を頻発に起こした事が引き金と成る肩こりでは原因が違う事があります、

 過去に大きな足の捻挫や、子供の頃に喘息に悩んでいた方の起こす腰痛は腰に原因が無い場合があります。

 オステオパシーではマッサージや単純なほぐし屋と異なり、専門の生体力学を収めています、正確には生体力学系と体液循環系と神経系を総合的に捉え、全体を観察し、その個人個人にあった原因を診つけ、施術を行います。

 あくまでもプライマリーな原因の追求が重要です、オステオパシーの施術は単純なモミ屋とは違うのです。